平成24年9月27日、
「NPO法人ボラみみより情報局」が岩倉市市民活動支援センターに到着しました。
d0262773_14111672.jpg

なかをのぞくといろんな活動があるんだなぁって感心します。
時間が合えばこういったことに参加するのも楽しそうですよね。

名古屋市市民活動推進センターからのお知らせページも充実しています。
今回気になったのはこちら
d0262773_14112111.jpg

社会貢献文化促進イベント「ぼらチャリ2012」が開催されるそうです。

チャリぽんというクーポン券で買い物をして、その時NPOの投票も行い
協賛金の一部が投票結果に基づきNPOに配分されるそうです。

10月28日にナディアパークで開催初日イベントがあるようですよ。

くわしくはhttp://www.n-vnpo.city.nagoya.jp/news/20120704.html
[PR]
by support-news | 2012-09-27 14:26 | お知らせ | Comments(0)

平成24年9月27日木曜日
本日、岩倉市市民活動支援センターに「あいちモリコロ基金助成金募集開始」のポスターが届きました。
d0262773_12151485.jpg

10月1日から募集が始まりますよ。
http://www.morikorokikin.jp/Bosyu_Youkou/index.html
この助成金の説明会を、NPO法人ボランタリーネイバーズさんが岩倉市民プラザで行います。

どんな事業が対象になるのか、書類の書き方は、申請の流れはなど
丁寧に対応してもらえますよ。

日時:10月2日火曜日 10:00~11:30
場所:岩倉市民プラザ 会議室
参加費:無料

定員20名です。

お気軽にご参加ください。
[PR]
by support-news | 2012-09-27 12:26 | 助成金情報 | Comments(0)

「Make a CHANGE Day」をご存知でしょうか?

今年で4回目を迎え、
市民活動、ボランティアが全国一斉に活動を行おう!といったイベントです。
一年に一度行われるもので、全国ボランティア月間のような感じでしょうか。

以下ホームページより
-----------------------
開催趣旨

1年に1日、全国各地で一斉にボランティア・市民活動を行う日
 Make a CHANGE Dayは、これまでボランティア・市民活動に参加したことがない人が、この日をきっかけに初めて活動に参加したり、また、すでに活動をしている場合は、新たな仲間といっしょに活動する、規模を大きくして実施する等、より発展的な活動をする日にしてもらうことができます。
 毎年定期的に1日一斉に活動すること、また、メディアを通じて参加者の登録情報・活動レポート等を広く公開していくことで、
●参加者は活動内容を広く社会に伝えることができ、新しい仲間づくりができます。また、活動レポートは他地域での参考となり、活動の質的向上にもつながり、波及効果が期待できます。
●ボランティア・市民活動の社会的意義、影響力を高めていきます。
●参加者には連帯感、共有感が生まれ、楽しみながら活動することできます。そのことがさらに豊かな活動に発展していく源になります。
その結果、「一人ひとりの参加が社会を変える一歩」につながり、「ボランティア文化」の創造に寄与していくものです。
第4回(2012年度)は「つながり」をテーマに、東日本大震災などの被災地をはじめ、日本各地あるいは海外でボランティア・市民活動を行っている様々なグループ、NGO/NPO、企業、学校、家族など、ボランティア同士がお互いの「顔の見える関係づくり」をより発展・充実させていくことを考えております。
【主催・問合せ先】
Make a CHANGE Day 実行委員会
〒460-0001 名古屋市中区三の丸1丁目7番2号 桜華会館南館1階
(特定非営利活動法人愛・地球博ボランティアセンター内)
電話 052-218-7350  FAX 052-228-8822  E-mail mcd@vol-expo2005.jp
⇒事務局へのアクセス
 http://www.vol-expo2005.jp/jpn/access/index_jimusyo.html
【協  力】
朝日新聞社、「広がれボランティアの輪」連絡会議
【後  援(申請予定)】
外務省、厚生労働省、文部科学省、環境省、愛知県、名古屋市、名古屋商工会議所、社団法人中部経済連合会、社会福祉法人全国社会福祉協議会、社会福祉法人愛知県社会福祉協議会、社会福祉法人名古屋市社会福祉協議会、国連ボランティア計画、特定非営利活動法人ボランティア活動推進国際協議会日本(IAVE日本)ほか
【助  成】
独立行政法人福祉医療機構 社会福祉振興助成事業
------------------------
以上。

今年は、平成24年10月1日~11月16日までに行われる事業が対象です。

詳細はこちら⇓
http://makeachangeday.com/
[PR]
by support-news | 2012-09-26 18:24 | お知らせ | Comments(0)

10月の情報メール便

岩倉市市民活動支援センターから発送された情報メール便のご紹介です。
↓ホームページにて画像は紹介しております。
http://www.iwakura-plaza.jp/jyou.html
詳細は各主催者にお問い合わせください。
[PR]
by support-news | 2012-09-19 16:02 | お知らせ | Comments(0)

「公益財団法人 キリン福祉財団」による、子育て事業に対する助成金情報です。

以下、ホームページより抜粋

---------------------------
1.助成対象となる活動

  地域における子育てに関わるボランティア活動。
  「地域」「子育て」「ボランティア」の3つのキーワードに合致するもの。
  活動の例については申込書(3)助成対象となる事業内容欄の活動区分をご参照ください。

2.助成対象となる団体

  民間団体で4名以上のメンバーが活動する団体・グループであればNPO等の法人格の有無、
  および活動 年数は問いません。

3.助成対象となる活動期間

  平成25年4月1日~平成26年3月末日

4.助成金額

  1件(一団体)当たりの上限額 30万円(総額3,500万円)
  30万円以内の申請であっても審査の結果、申請金額の一部を減額させていただく場合があります。
  助成金については、平成25年5月末までに全額を一括でお支払いいたします。
  申請された活動に対しての自己資金の有無は問いません。


8.申込受付期間

  平成24年9月18日(火)~11月11日(日) 当日消印有効

お問合せ先:公益財団法人 キリン福祉財団 千葉または栃内(とちない)宛
TEL:03-5540-3522  FAX:03-5540-3525
Eメール:fukushizaidan@kirin.co.jp  ホームページ:http://www.kirin.co.jp/foundation/
申込書送付先〒104-8288 東京都中央区新川2丁目10番1号 キリン本社ビル
公益財団法人 キリン福祉財団
平成25年度キリン・子育て公募助成事業事務局 宛

-----------------------------

以上

詳細は
http://www.kirin.co.jp/foundation/koubo2013/kobo.html
[PR]
by support-news | 2012-09-19 09:19 | 助成金情報 | Comments(0)

あいち学びネットワークフォーラム

生涯学習を活かした地域づくりや人づくりについて、基調講演と、
分科会に分かれてのワークショップが開催されます。
d0262773_17514192.jpg

詳細はこちら↓
http://www.manabi.pref.aichi.jp/center/fo-ramu/24forum.pdf

開催日時:平成24年10月27日(土) 12:30~
会場:愛知県生涯学習推進センター
参加料:無 料
対象:一般県民の方
    学びネットあいちネットワーク機関の方
定員:100名
申込方法:必要事項を記入の上、愛知県生涯学習推進
       センターへ申込書をFAXまたは郵送ください。
受付期間:9月10日(月)~10月9日(火)
    (定員に達しない場合は当日の参加も可能ですので
        お問い合わせください。)
申込み問合せ先: 愛知県生涯学習推進センター
          電 話 052(961)5333
         FAX 052(961)0232
      〒460-0001
      名古屋市中区三の丸三丁目2番1号
             愛知県東大手庁舎2階

第1分科会
「まなび愛:生き生き人づくり」
環境学習と人づくり
進行:加藤尚巳氏(県環境活動推進課)
発表:浅野智恵美氏(環境カウンセラー)
篠田陽作氏(ネイチャークラブ東海)
第2分科会
「きづき愛:協働による地域づくり」
福祉による人と人をつなぐ地域づくり
進行:松見直美氏(半田市観光協会)
発表:久保田久代氏(はっぴいわん大府)
新美晃代氏(菜の花)
第3分科会
「ささえ愛:安心安全なまちづくり」
これからの防災教育とまちづくり
進行:瀧川裕康氏(県被災者支援センター)
発表:服部裕子氏(半田災害支援VCの会)
服部勝彦氏(中川区戸田学区区政協力委員)
[PR]
by support-news | 2012-09-10 18:02 | その他の講座・講習会など | Comments(0)

お年玉付年賀はがきや、寄付金付年賀切手を原資として、
幅広い分野に助成されています。

詳細は↓
http://www.post.japanpost.jp/whats_new/2012/0831_02.html

以下、ホームページから引用
-------------------

郵便事業株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 鍋倉眞一)は、平成25年度年賀寄附
金配分団体の公募を平成24(2012)年10月1日(月)から開始いたします。
寄附金付年賀葉書による年賀寄附金助成は、昭和24(1949)年の始まりから数えて今年で63
年目を迎え、63年という歴史を刻む中で、日本固有の寄附文化に発展してきました。寄附金付
年賀葉書は、戦後の社会経済の復興という時代背景のもとで、国民の福祉の増進を図ることを
目的として発行され、昭和24(1949)年にはお年玉付郵便葉書等に関する法律が制定されまし
た。平成3(1991)年には寄附金付年賀切手も発行され、これまでに寄せられた寄附金の総額は
約478億円に上ります。これまでに多くの寄附をお寄せいただいた皆さまの心優しい温かいお力
添えに心から感謝申し上げます。
お預かりしました寄附金は、総務大臣の認可を経て、法律で定められた10の分野の事業を
行う全国各地の社会福祉施設等をはじめとする多くの団体に配分され、地域及び社会の発展、
環境保全に大きく貢献し、果たしてきた役割は非常に大きいと考えます。
また、東日本大震災による被災者の救助又はその予防(復興)を支援するために、これまで
に123団体に11億2千万円の助成を行って参りました。
平成25(2013)年度年賀寄附金の配分においても、これまでの配分助成(一般枠)のほか、
平成24(2012)年度に引き続き、東日本大震災による被災者の救助又はその予防(復興)を支
援するために、特別枠として「東日本大震災の被災者救助・予防(復興)」を設定しています。
皆さまからのより多くの申請をお待ちしております。

1 配分助成事業
 (1) 配分対象団体
  ア 一般枠:社会福祉法人、更生保護法人、公益社団法人、公益財団法人、特例社団法人、
         特例財団法人、特定非営利活動法人(NPO法人)
    特別枠:営利を目的としない法人
  イ 「お年玉付郵便葉書等に関する法律」(昭和24年法律第224号)に定められた次の10の
    分野の事業を行う団体を対象とします。
      (ア) 社会福祉の増進を目的とする事業
      (イ) 風水害、震災等非常災害による被災者の救助又はこれらの災害の予防を行う事業
      (ウ) がん、結核、小児まひその他特殊な疾病の学術的研究、治療又は予防を行う事業
      (エ) 原子爆弾の被爆者に対する治療その他の援助を行う事業
      (オ) 交通事故の発生若しくは水難に際しての人命の応急的な救助又は交通事故の発生若
        しくは水難の防止を行う事業
      (カ) 文化財の保護を行う事業
      (キ) 青少年の健全な育成のための社会教育を行う事業
      (ク) 健康の保持増進を図るためにするスポーツの振興のための事業
      (ケ) 開発途上にある海外の地域からの留学生又は研修生の援護を行う事業
      (コ) 地球環境の保全(本邦と本邦以外の地域にまたがつて広範かつ大規模に生ずる環境
        の変化に係る環境の保全をいう。)を図るために行う事業
 ※ 特別枠の「東日本大震災の被災者救助・予防(復興)」については、上記(イ)の事業の
   うち、特に「東日本大震災による被災者の救助又はその予防(復興)を目的とする事業」
   を対象とします。
 
 (2) 配分事業分野
 配分事業は次の6つの分野とします。
   ア 一般枠
      (ア) 活動・一般プログラム
      (イ) 活動・チャレンジプログラム
      (ウ) 施設改修  
      (エ) 機器購入
      (オ) 車両購入
   イ 特別枠
   東日本大震災の被災者救助・予防(復興)
 
 (3) 申請金額(上限)
 申請金額の上限は、1件当たり500万円とし、活動・チャレンジプログラムについてのみ
  50万円とします。

2 配分申請の受付期間
平成24(2012)年10月1日(月)~同年11月30日(金)まで(当日消印有効)

3 配分申請書類
本日より、日本郵政ホームページ(http://www.japanpost.jp/pressrelease/)及び日本郵
 便ホームページ(http://www.post.japanpost.jp/whats_new/)に掲載します。
 ※ 申請書類は、配分事業分野ごとに6種類の申請書がありますので、いずれか1つを選択
   してください。

4 配分申請書類の送付先
100-8798 東京都千代田区霞が関1丁目3番2号
郵便事業株式会社 総務部 環境・社会貢献室 年賀寄附金事務局
 郵便事業株式会社は平成24年10月1日(月)から日本郵便株式会社になりますが、旧社名で
 お送りいただいてもかまいません。
(参考)
年賀寄附金ホームページ( http://www.post.japanpost.jp/kifu/ )
以 上
------------------------
[PR]
by support-news | 2012-09-10 17:31 | 助成金情報 | Comments(0)

岩倉市市民活動支援センターから発送された情報メール便のご紹介です。
↓ホームページにて画像は紹介しております。
http://www.iwakura-plaza.jp/jyou.html
詳細は各主催者にお問い合わせください。
[PR]
by support-news | 2012-09-06 10:06 | お知らせ | Comments(0)

市民活動に関する相談に、地域活動経験豊富なカウンセラーが受け付けます。
9月は市民プラザにて、10月は場所を岩倉市役所1階に移して行います。

10:00~16:00 まで、一件につき50分程度で

9月14日金曜日 16日日曜日
岩倉市民プラザ

10月3日水曜日 22日月曜日 30日火曜日
岩倉市役所1階

と、開催されますのでお気軽にお越しください。

相談料無料、対象は市内在住在勤在学の方もしくは岩倉市市民活動支援センター登録団体です。
[PR]
by support-news | 2012-09-06 09:59 | 相談室・印刷機講習 | Comments(0)