難病や障がいをもつ子ども達とその家族に対して社会医学的な実践、セルフヘルプ活動、又はボランティア活動を進めており、すでに何らかの実践を行っている個人、またはグループ等に対する奨励金制度です。

第14回北川奨励賞
この助成金は、特定非営利活動法人コーポレートガバナンス協会理事長の個人の寄付から創設されたものだそうです。

奨励金の対象範囲
団体活動の運営に関する費用
会の主催する講演会・研修会・イベントの開催費用
その他難病や障がいをもつ子どもとその家族の支援に関する活動費用

贈呈金額
1件50万円を上限とし、申請内容により贈呈金額を決定します

応募方法
【一次選考】(平成25年1月11日(金)必着)所定の応募用紙に必要事項を記入し送付・送信。
一次選考で選出された団体に個別に連絡します。
【二次選考】一次選考で選出された団体に個別に連絡します。

詳細はホームページをご覧ください。
http://www.teamcg.or.jp/kitagawa/prize/prize14.htm
HY
[PR]
by support-news | 2012-12-28 10:56 | 助成金情報 | Comments(0)

特定非営利活動法人名古屋NGOセンターより、
NGOに対する助成金の情報です。

東海地域を拠点に活動するNGO団体の活動を支援し、その発展に寄与
することを目的に、特定非営利活動法人名古屋NGOセンターと宗教法人真如苑の協働
事業として2009年1月に設立されたものです。

2013年4月1日から2014年3月31日の間に実施する事業を対象に、
6〜7件程度。1件あたり20万円以内、かつ対象事業経費の80%以内の助成となります。
※今年度に限り、例年より20万円多く、助成総額120万円を上限に配分します。

助成対象事業などの詳細はこちらをご覧ください↓
http://www.nangoc.org/information/2012/12/122ngo.php

HY
[PR]
by support-news | 2012-12-26 10:54 | 助成金情報 | Comments(0)

公益財団法人 洲崎福祉財団による助成金の情報です。
期限が近いのでご注意を。
障害者の自立支援を目的とした活動の助成です。

助成額:総額で1000万円、1団体最大200万円までの助成となります。
期間:平成25年4月1日から平成25年9月30日の間
申込み期限:平成25年1月7日(月)
詳細はこちら↓
ホームページ:http://www.ntcltd.com/swf/support/index.html
[PR]
by support-news | 2012-12-24 12:12 | Comments(0)

平成24年12月20日木曜日18:00~20:30
岩倉市民プラザ多目的ホールにて市民年忘れ懇親会が開催されました。

今年の振り返り、来年の展望を楽しく語り合える場として開催しました。
参加費500円、食事は一品持ち寄り。
みなさんいろいろな料理、お菓子を持ってきて下さり楽しました頂きました。

受付
d0262773_14494247.jpg

主催である市民活動支援センター連絡協議会(以下、支連協)会長挨拶
d0262773_14494336.jpg

乾杯は岩倉生涯学習市民の会会長
d0262773_14494419.jpg

テーブルはこんな感じで8グループできました。
d0262773_14494342.jpg

合計57名のご参加。ありがとうございました(^^)
途中、くじ引きで席替えを行いましたが席替え後もみなさん楽しそうに歓談されておりました。

ステージでは活動発表や会のPR、そして安来節(ドジョウすくい)の日本チャンピオンまで登場しました。
d0262773_14494430.jpg

d0262773_1449456.jpg

d0262773_1449461.jpg

d0262773_14494593.jpg

市長も市民活動されている方々と歓談されておりました。

ほかにもいろいろステージでは行われました(チョコ争奪じゃんけん大会とかね)が
それらの紹介はまた後日。

最後は支連協副会長のことば
d0262773_14494268.jpg

そして、会長の三々七拍子で締めました。

みなさん最後まで会場片づけを手伝って下さりありがとうございましたm(_ _)m

今回参加できまなかった方のためにもまた開催せねば。
[PR]
by support-news | 2012-12-22 14:58 | 今日のプラザ | Comments(0)

地域の未来・志援センターとセブン‐イレブン記念財団の主催による
「地域の資源をつなげる情報交流会」 ~今旬の4団体に現場からの生の声を聞こう!~
が開催されます。

「会費・寄附」と「事業収入」の事例を4団体の代表から紹介と、
4つの分科会に分かれてのセミナーとで構成されております。

最新の助成金などの資金調達データももらえるようです。
行かねば(゜.゜)
http://blog.canpan.info/c-mirai2/archive/577
以下、ホームページより
------------------
多様な市民活動があるように、資金調達にも様々な形があります。新時代を予感する市民ファンドやコミュニティファンドが日本各地で産声をあげているこの流れを汲み、今回の情報交流会では「会費・寄附」と「事業収入」の事例を4団体の代表から紹介させていただきます。新時代のファンドレイズの在り方を模索しつつ、みなさまの活動に最適な資金調達法を考える機会にしたいと思います。未来にワクワクするようなことを、一緒に語り合いましょう!

●2013年2月2日(土)13:00~17:15(受付12:30~)
●会場:名古屋文化短期大学 B館401教室
http://nfcc-nagoya.com/opencollege/accessmap.html
名古屋市東区葵一丁目17-8
地下鉄東山線「新栄町」駅下車徒歩2
TEL:052-931-9550  フリーダイヤル:0120-07-9550

●対 象:中部地区のNPO・地縁組織・その他個人の活動家など、
豊かな地域社会づくりに関心のある方
●参加費:500円(資料代・当日会場にてお支払いください)
●定 員:100名(先着順) 
●主 催:地域の未来・志援センター、セブン‐イレブン記念財団
●スケジュール:
13:00 開会―主催者あいさつ
13:25 4団体による各事業例の紹介(各20分)
14:45 休憩15分
15:00 分科会(70分)
      1.市民ファンドから見える新しい社会とは!?
      2.再生可能エネルギーで事業収入を獲得!?
      3.事業化できる環境活動のしくみとは!?
      4.認定NPOと寄附システムがもたらすものとは!?

16:10 休憩15分
16:25 各分科会の発表(45分)
17:10 まとめ
17:20 閉会

●登壇者のプロフィール
木村真樹 「コミュニティ・ユース・バンクmomo」 代表理事 
若者たちによる“お金の地産地消”の推進や、社会責任・貢献志向の企業やコミュニティビジネス、NPOへのハンズオン支援を行っている。わたしたちが暮らすまちの課題の解決策に、みんなで“志金”を持ち寄る仕組みを次世代に遺したいという想いから、愛知県で初めての市民ファンド「あいちコミュニティ財団」の設立に向けて、県内を東奔西走中。
平沼辰雄 「おひさま自然エネルギー株式会社」 代表取締役
名古屋を中心とした中小企業家のグループによる株式会社を設立。住民や企業から出資を募り、その出資金で太陽光パネルを購入。自治体や中小企業の屋根を借り発電し、その収益を出資者の配当や元金返済に充てるソーシャルビジネスを展開する予定。市民の意思あるお金で再生可能な自然エネルギーの普及促進につとめる。
和喜田恵介 「NPO法人中部リサイクル運動市民の会」 共同代表
1980年10月、使い捨て社会や環境破壊への危機感から、「できるところから始めよう」と有志が集まってスタートさせたのが「中部リサイクル運動市民の会」。市民の生活に浸透したリサイクルにかわり、現在力を入れているのが家庭の不用品をリユースするチャリティショップ事業。現在2店舗だが、さらなる店舗拡大を目指している事業型NPO。
竹内ゆみ子 「認定NPO法人ソムニード」専務理事
インドのスラムに住む女性や荒廃が進んだ農村の技術支援など、ソムニードの活動は支援者に対価を求められない事業。審査の厳しい「認定」取得だが、2年の準備期間を経ていち早く認定NPO団体となったソムニード。認定をとったからといって寄付金は増えないが、営業の切り口としての認定NPOが思わぬ効果をもたらしていると、予想外の効果から新たな事業にも取り組んでいる。

●申込〆切:2013年1月31日(木)         
●申込方法: 
【申込みURLより】下記URLよりお申込み下さい。
 http://kokucheese.com/event/index/64395/

【E-mail】下記「参加申込フォーム」をメールにてNPO法人地域の未来・志援センター
(office★c-mirai.org 注:★印をアットマークに変えてください)まで送信ください。

・・・・・・・・・・・・・「参加申込みフォーム」・・・・・・・・・・・・・・・
『2/2(土)地域の資源をつなげる情報交流会』 
・お名前:
 ・ご所属:
 ・ご住所:〒
 ・お電話:
 ・E-mail:
・セミナー開催情報はどこから入手しましたか?
(ホームページ・DM・チラシ・ML/NL:名称         ・その他        )
・参加動機、当日知りたい事などご自由にご記入下さい
(可能な範囲で当日の内容に反映させて頂きます)


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<お問い合せ・参加お申し込み>
NPO法人地域の未来・志援センター  
〒460-0014名古屋市中区富士見町9-16 有信ビル2F
TEL 052-331-6141/FAX 052-339-5651 
(電話受付時間10:00~18:00 ※土・日・祝日を除く)
E-mail:office★c-mirai.org 
(注:★印をアットマークに変えてください)まで送信ください

------------------------
以上
[PR]
by support-news | 2012-12-22 14:22 | その他の講座・講習会など | Comments(0)

助成金の情報です。
今回は障がい者支援関係です。

●ヤマト福祉財団の平成25年度障がい者福祉助成金事業助成事業
http://www.yamato-fukushi.jp/works/subsidy/
障がいのある方の自立と社会参加を支援する活動の一環として、設立当初よりを実施している
 
1.障がい者給料増額支援助成金
「障がい者給料増額支援助成金」は、障がい者の給料増額に努力され、全国平均以上の給料支給実績がある施設・事業所に対し、更により多くの給料を支払うための事業の開始、設備の導入などに支援します。
募集内容

・上限金額 100万円
・募集件数 最大50件
・助成対象 障がい者の給料増額に効果的な事業、設備に限る

2.障がい者福祉助成金
下記の助成対象事業に該当する助成金を「障がい者福祉助成金」とし、対象となる事業を1つ選択してください。
募集内容

・上限金額 100万円
・総額   1,000万円以下
・助成対象 以下に該当する事業・活動
会議・講演会・研修・出版・啓発・調査・研究・スポーツ・文化事業・活動に対する助成

3.応募方法

必要事項を記入した書類を、添付資料など添えて所定の提出先までお送りください。

詳細はヤマト福祉財団のホームページをご覧ください。
http://www.yamato-fukushi.jp/works/subsidy/
[PR]
by support-news | 2012-12-18 17:58 | 助成金情報 | Comments(0)

コープあいち福祉基金 地域をつなぐかけはしに!

ホームページより

-----------------------

地域福祉、街づくりを充実させ、地域の様々なネットワークが広がることをめざして活動する、または、活動を始めようとする団体に助成します。

1. 応募資格要件

愛知県内に活動拠点があり、自主的で継続的な活動・事業をすすめている、または、すすめようとしている団体で、営利、宗教、政治、趣味などが目的の団体は除きます。
代表者を登録していただきます。
コープあいちの組合員が1名以上参加していることが必要です。(各団体に参加しているコープあいち組合員名を明記します。)

2. 助成対象の活動と目的

地域福祉、街づくりを充実させ、地域の様々なネットワークが広がることをめざして活動する、または、活動を始めようとする団体に助成します。

<例えば>
私たちの地域で配食や家事援助など支え合う活動を始めたい、広げたいなど
自分の時間や技能を活かして便利屋さんなどワーカーズや事業を始めたい、広げたいなど
子育てママさんや高齢者の方が気楽によりあえる場づくりを始めたい、広げたいなど
作業所の仲間と一緒にふれあう場づくりや障がい者支援活動を始めたい、広げたいなど
宅老所、ミニデイサービス事業を始めたい、広げたいなど
地域の力を活かす人づくりやネットワーク、行政との連携サポートを始めたい、広げたいなど
地域のお祭りや商店街活性化の場づくり、振興企画を始めたい、広げたいなど
国際交流や、街づくり支援のための調査研究を始めたい、広げたいなど
地域の防災活動、全国で起きている災害支援の活動を始めたい、広げたいなど
貧困や格差社会を改善する活動を始めたい、広げたいなど

3. 助成金額

2013年度の助成金総額:390万円以内

Bコース・地域の食支援
1団体1テーマ 30万円以内 3件以内
<生産過程での活動・環境を含めての食育活動・買い物代行・フードバンク・リサイクル活動など幅広い意味での「食」の活動に対して支援します。>
Cコース・地域福祉とつながり
1団体1テーマ 10万円以内 30件以内
<上記助成対象の活動全般を支援します。>
※今回は、Aコース(100万円以内)の募集は行いません。

4. 助成期間

2013年3月21日(木)~2014年3月20日(木)

5. 助成対象外費目

下記の費用は助成対象からは外します。

(1)日常的な運営経費(家賃、光熱水費、電話代、消耗品費、保険料、図書代など)
(2)会員、スタッフの人件費(交通費、飲食代など)
(3)参加者費用(食材費、手芸材料費、茶菓子代、交通費など)

6. 応募受付期間

2013年1月5日(土)~1月25日(金)

7. 応募の制限

各団体への助成は1件です。
過去に助成を受けた団体は、過去の助成テーマと同一テーマでの申請はできません。

8. 応募方法

申請書の申し込みは、電話にてお願いします。申請は、コープあいち所定の用紙に記入、必要書類を添付の上、下記まで郵送または、インターネットにて申請します。

助成申請書(指定の書式)
団体の概要や活動がわかる資料(過去の事業・会計報告書、パンフレット、写真、会報等)

9. 助成先・助成金の選考と決定

助成先・助成金を福祉基金運営委員会で選考し、理事会に答申します。理事会は運営委員会からの答申を受け決定します。選考の過程では、書類審査の上、Bコースは公開プレゼンテーション、Cコースはヒアリングを行います。なお、助成先・助成テーマは公表します。

10. 助成期間終了時の報告書等の提出

助成期間終了後、実施報告書(指定の書式)・活動報告書・収支決算書を提出していただきます。なお、助成結果の報告は個人情報には配慮したうえで公表し、地域の活動に活用します。

【お問い合わせ・申請先】
コープあいち 生活サポートグループ 福祉基金担当 今井、高木
TEL:052-781-6161(コープ相談センター)
FAX:052-781-8833
※受付時間は、日曜日を除く午前9時~午後5時です
〒464-0824 名古屋市千種区稲舟通1-39 生協生活文化会館3階
[PR]
by support-news | 2012-12-14 13:27 | 助成金情報 | Comments(0)

「平成24年度社会貢献活動推進セミナー」当日参加・情報提供募集

愛知県社会福祉協議会の主催にて開催されるセミナーです
d0262773_1032771.jpg

以下、愛知県社会福祉協議会ホームページより

----------------------

「平成24年度社会貢献活動推進セミナー」当日参加・情報提供募集

 となりに住んでいる人のことを、みんなが知っている。
 そんな「ふつう」があたりまえでない時代の中で、社会貢献活動を行う様々な団体のチカラが、社会を変える原動力になるのだと考えます。  
 このセミナーは、様々な社会貢献の取り組みをできるだけ大勢の皆さんにお伝えし、新たな活動につながることを願い、企画されました。  
 この場を活用して情報提供いただける、企業・生協・農協・NPO・行政・自治会・施設など「社会貢献活動」に関わる団体の皆さんの参加と情報提供を募ります。

■日 程
12月19日(水) 12:50~17:00

■会 場
愛知県産業労働センター ウインクあいち 小ホール1・2

■内 容
◇会場1

 (1)開 会 主催者あいさつ

 (2)基調講演
    「持続可能な福祉社会を目指して、社会貢献活動の原点を考える!
     ~身近な地域での支え合いの事例を通して~」(仮題)
    (株)国際社会経済研究所代表取締役社長 鈴木 均 氏
    (兼務:日本電気㈱CSR・環境推進本部主席主幹)

 (3)シンポジウム
  1.タニザワフーズ(株) 代表取締役社長   谷澤 憲良 氏
  2.NPO法人ワーカーズかすがい理事長 森長 節子 氏
  3.知多市まちづくり人材育成事業「大人の学校」 卒業生 倉前 秋雄 氏
 
  コーディネーター
 (株)国際社会経済研究所代表取締役社長 鈴木 均 氏

 (4)まとめ・終了挨拶 愛知県社協Vセンター 運営委員長  鈴木盈宏 氏

◇会場2 

 (1)交流コーナー(名刺交換・情報交換、お茶・お菓子等の提供)
  ・質疑応答(講師)14:20-14:45 
  ・質疑応答(パネリスト)16:10-16:35

 (2)紹介コーナー(NPO・企業・行政・社協等、各種活動内容の紹介)
  ・活動紹介1 14:20-14:45   
  ・活動紹介2 16:10-16:35

  ・チラシ・応募用様式はこちら(PDFファイル・399KB)

■問合先
愛知県社会福祉協議会ボランティアセンター
TEL 052-232-1182 担当:松井

--------------------------
[PR]
by support-news | 2012-12-10 10:04 | その他の講座・講習会など | Comments(0)

平成24年11月25日に行われた『65歳の集い』報告第5回目です。
今回は第二部についてお伝えします。

第二部から市民活動支援センター連絡協議会が運営していきました。
司会も市民活動をされている方にお願いしました。
d0262773_16404451.jpg

まずは、市民活動支援センター連絡協議会の会長挨拶
d0262773_16404521.jpg

これからは一緒に活動していきましょうというお話でした。

オープニングは『岩倉鳴子おどりの会 五条川桜』
d0262773_16404552.jpg

力強い踊りで体が動き出します。

参加された方も市民活動ブースに興味を示しいろいろ聞いたり見たりしながら
めぐっておられました。
d0262773_16404852.jpg

d0262773_16405030.jpg

社会福祉協議会も相談室を設けて相談に応じていました。
d0262773_16404998.jpg

d0262773_16404439.jpg

市民活動支援センター連絡協議会もよろず相談室出張所を設けました。
d0262773_16405099.jpg

市民活動支援センターの市民活動PRコーナー
d0262773_16404822.jpg

ステージでは『いわくらフォークジャンボリー』
d0262773_16404640.jpg

『オカリナいぶきの会』
d0262773_16404639.jpg

『平和のうたごえ合唱団』
d0262773_16404797.jpg

なつかしのメロディーを奏でておりました。

最後はピアノの伴奏に合わせて『上を向いて歩こう』を会場みんなで合唱した後、
市民活動支援センター連絡協議会副会長が閉会の挨拶をして閉会しました。
d0262773_1640473.jpg

大盛況でした。
ご参加くださったみなさま、ブース出展下さった市民活動団体のみなさま、
設営運営にご協力くださったみなさま、ありがとうございました。
[PR]
by support-news | 2012-12-03 16:56 | 今日のプラザ | Comments(0)

新しい公共の担い手である NPO、県民、企業、行政等の新しい公共に対する理解を深めるとと
もに、地域の諸課題について、幅広い観点から意見交換することにより、新しい公共の拡大と定
着を図るため、「新しい公共フォーラム・あいちを開催します。

フォーラムの概要
日時:平成 25 年1月 12 日(土)10:00~16:00
場所:愛知大学 名古屋キャンパス
(名古屋市中村区平池町4丁目 60 番6)
スケジュール
【10:00~】全体会 新しい公共に関するパネルディスカッション
【13:00~】分科会 新しい公共に関する諸課題についての分科会
※分科会の詳細は下記のとおり
主催:愛知県、企画:企画委員会、協力:愛知大学
※参加申込受付は、12 月上旬を予定しております。
※全体会及び分科会のパネリスト等、詳細についても 12 月初旬にお知らせします。

詳細はこちら↓をご覧ください。
https://www.aichi-npo.jp/5_NPO_shien/5_atarashiikokyo/7_forum/forum.pdf
[PR]
by support-news | 2012-12-02 17:02 | その他の講座・講習会など | Comments(0)