日立環境財団

環境NPO助成

21世紀の持続可能な地球環境や人間社会を構築するうえで重要な役割を果たすことが期待されていますが、その多くは資金・人材不足などの問題を抱えながら活動を進めているのが実状です。
当財団は、「環境と経済との統合に資する活動」および「環境問題の解決に資する科学・技術的活動」を行うNPO/NGO・任意団体への助成事業を行っています。
本事業を通じて、政策提言、環境学習・教育、専門家・実務家を含めた人材の育成、国際交流などの活動が推進され、我が国の環境保全、さらには、持続可能な社会の実現に向けて活動の環が広がることを期待しています。

【助成の概要】

応募資格
1.特定非営利活動促進法(NPO法)第10条の規定にもとづき設立された国内の法人
2.環境分野での実践活動実績(再委託や、第三者の活動支援を主たる目的とする活動は除く)を有する国内の任意団体
3.財団法人、社団法人等、上記(1)、(2)に該当しない法人は応募できません

対象となる活動
1.環境と経済との統合に資する活動
(循環型経済社会実現への取組みなど)
2.環境問題の解決に資する科学・技術的活動
(自然エネルギーの活用、環境に有効な科学技術の検討など)
上記のいずれかの目的を達成するための具体的な取り組み、活動に対して助成します

助成金額
1件あたり150万円を限度(総額800万円)

募集期間
平成26年度(第13回)環境NPO助成 ※募集中
平成25年10月8日(火)から平成26年1月17日(金) 当日消印有効

応募方法
応募要項をご覧のうえ、必要書類を郵送でお送りください
・申請書  1部
・推薦書  1部 (貴団体に属さない第三者の記名・捺印)
・添付書類  活動実績、役員名簿(書式は問いません)

結果発表
2014年4月上旬 当財団ホームページ

助成金交付
2014年4月下旬

お問い合わせ
公益財団法人 日立環境財団
〒100-8220 東京都千代田区丸の内一丁目6番1号 丸の内センタービル12階
TEL:03-5221-6677 FAX:03-5221-6680
----------------------------------------------------------------------------
ina
E-mail: kankyo@hdq.hitachi.co.jp
[PR]
by support-news | 2013-11-23 19:32 | 助成金情報 | Comments(0)

 地域が抱える諸課題の解決を図り、市民の福祉向上やまちづくりに貢献するなど、市民活動団体が主体的に取り組むモデル的な事業に対して財政支援を行い、団体活動の活性化や市民活動の拡充を図っていきます。
 応募された事業については、目的、事業内容などを公開の場で発表する「企画提案発表会」を経て、助成する団体と助成金の額を決定します。
平成26年度の市民活動助成金対象事業の募集が始まりました。(11月15日~12月16日)

対象事業

・市民活動団体が取り組む地域課題を解決したり、市民の福祉向上やまちづくりに貢献するような事業
・平成26年4月1日から平成27年3月31日までの間に実施する事業

対象コース

【はじめの一歩コース】
 ◆1団体1回限り 5万円まで 補助率90%以内
 ◆これから市民活動を始める団体、一歩を踏み出したばかりの団体(設立から3年以内)の活動に助成します。
 次年度以降は、「ステップアップコース」の1回目へ応募可能です。

【ステップアップコース】
 ◆1事業3回限り  1回あたり15万円まで
  補助率1回目70%以内、2回目50%以内、3回目30%以内
 ◆年間を通して計画的に実施し、3年以上継続する予定の活動に助成します。2回目以降も応募が必要です。

【イベントコース】
 ◆1事業1回限り  5万円まで  補助率50%以内
 ◆平成26年度中に実施する単年度計画のイベント等の活動に助成します。

※全コースとも、複数の団体と協働して行う場合は、補助率を10%加算します。


応募するには

【応募期間】 平成25年11月15日(金曜日)~12月16日(月曜日)
【提出書類】 申請書・事業計画書・事業収支予算書
   ※募集要領・申請書等は、企画財政課(市役所5階)と市民活動支援センター(市民プラザ1階)にあります。
  また、このページからダウンロードできます。(一番下の方へスクロールしてください。)
【応募先】 市役所5階 企画財政課
【決定】 提出書類と「企画提案発表会」の審査の後、助成事業と助成額を内定しますが、正式決定は4月になります。


企画提案発表会

 ◆応募した団体は必ず参加してください。
【日時】 平成26年2月15日(土曜日)午後1時~
【場所】 市民プラザ 多目的ホール
【発表方法】 事業のプレゼンテーションと質疑応答を実施します。
【審査】 岩倉市市民活動助成金審査会が実施します。
 ※参観は自由ですので、市民の方、市民活動団体の関係者は、ぜひともお出かけください。
[PR]
by support-news | 2013-11-15 15:38 | 助成金情報 | Comments(0)

【助成金】JT助成金

2014年度助成事業の募集について概要
JTでは、NPO法人をはじめとした非営利法人が、日本国内において、地域の核となって実施する、地域コミュニティの再生と活性化につながる事業に対し、年間40件程度、1件あたり年額最高150万円の助成を行ないます。
なお、活動分野は問いませんが、環境美化や環境保全、次世代の人材育成に関する活動を推奨します。
選考にあたっては、書類審査、面談等を実施し、社外有識者を中心に構成するNPO助成プログラム推進委員会において審議を行った後、決定致します。
詳しくはホームページをご覧ください。

対象事業
非営利法人が日本国内において地域社会の核となって実施する、地域コミュニティの再生と活性化に
つながる事業を対象とします。よって、地域に根差した活動で、多様な年代層を対象とした取り組みを
優先致します。

基本は1年間としますが、数件程度、継続助成を行う場合があります。ただし、継続助成については、
次年度に再度応募書類をご提出いただき、初年度の活動状況を踏まえ、改めて選考の上、決定します。
継続助成の活動分野については、「地域の環境美化」、「地域の環境保全」および「次世代の人材育成」
を優先致します。

例えば、地域一体となって取り組む以下の事業
※弊社ウェブサイトにて掲載してある過去の助成先をご参考にしてください。
■ 里山の森林保全・植林事業
■ 自然体験活動
■ 環境美化活動
■ 地域の再生と活性化に向けたリーダー育成事業
■ 文化芸術・スポーツ等を通じた地域の異世代交流事業
■ 地域住民が参加するまちづくり事業
■ 地域の障がい者・高齢者支援事業
■ 地域の不登校・ひきこもり支援事業
■ 親子交流、子育て支援事業
■ 被災地域コミュニティの復旧・復興をテーマとした事業  など

詳しくはホームページをご覧ください。
----------------------------------------------------------------
ina
[PR]
by support-news | 2013-11-10 19:35 | 助成金情報 | Comments(0)

大阪コミュ二ティ財団に設置されている基金のうち、2014年度助成(4月支給)の公募情報です。

応募の締め切りは2013年11月29日(金)です。

ぜひご活用ください。

以下大阪コミュニティ財団ホームページより


はじめに

大阪コミュニティ財団は、1991年11月に設立されて以来、一般市民や企業・団体からの「志」のこもったご寄付を、名前を付けた基金のかたちでお受けし、そのお志に沿った活動を行っておられる団体等に助成してまいりました。その件数は、これまでに、1800件を超え、累計の助成額は9億6000万円に上っています。

このたび、大阪コミュ二ティ財団に設置されている基金のうち、2014年度助成(2014年4月支給)を公募する基金と金額が決定し、募集を開始することになりました。助成をご希望の方は、本ガイドを参照のうえ、申請をお願いいたします。

いろいろな分野で、社会貢献活動に真摯に取り組んでおられる皆様からの多数の応募を、お待ちしております。

http://www.osaka-community.or.jp/index.htm

----------------------------------------------------------------------------
ina
[PR]
by support-news | 2013-11-03 18:40 | 助成金情報 | Comments(0)

平成25年11月号
『岩倉市市民活動支援センター情報誌かわらばん』の画像です。
d0262773_10103728.jpg

d0262773_10103758.jpg

d0262773_10103829.jpg

d0262773_1010383.jpg

d0262773_10103969.jpg

d0262773_10103981.jpg

d0262773_10104045.jpg

d0262773_10104088.jpg

かわらばんは岩倉市内の公共施設などに設置しております。

市役所1階 情報サロン
くすのきの家
みどりの家
さくらの家
希望の家
自然生態園
市民プラザ
図書館
保健センター
南部憩いの家
総合体育文化センター
生涯学習センター
ふれあいセンター
[PR]
by support-news | 2013-11-01 10:39 | 情報紙かわらばん | Comments(0)