平成26年度地球環境基金助成金を募集がございます
以下ホームページより

------------------

独立行政法人環境再生保全機構は、国の出資金と民間からの寄付金(※1)により基金(地球環境基金)を設け、その運用益と国からの運営費交付金を用いて、日本国内外の民間団体(NGO・NPO)が開発途上地域又は日本国内で実施する環境保全活動(実践活動、知識の提供・普及、調査 研究等)に対し、助成金の交付を行っています。

環境保全活動に意欲的に取り組まれている団体が積極的に応募されることを期待しています。

地球環境基金助成金では、以下の6種類の募集を行います。

(1)入門助成
地域活動の種を育て、地域に根付いた活動を中心に、地域からの環境保全のボトムアップでの充実を目指す支援制度
(2)一般助成
課題解決能力等に磨きをかけ、より効果的な活動の展開を実現し団体組織のステップアップを目指すための支援制度
(3)復興支援助成
東日本大震災被災地域における環境保全を通じた復興に資する活動への支援制度
(4)特別助成
国連ESD(持続可能な開発のための教育)の10年の締めくくり会合(総括会合)に関連する活動を支援するための制度
(5)プラットフォーム助成
日本の環境NGO・NPOが横断的に協働・連携し国際会議等で意見表明を行うなどの大きな役割を果たすための連携支援制度
(6)フロントランナー助成
日本の環境NGO・NPOが中心となり、市民社会に新たなモデルや制度を作るための支援制度

募集期間
平成26年1月6日(月)~平成26年2月12日(水)(必着)持込は午後6時迄


助成の対象となる団体

「民間の発意に基づき活動を行う営利を目的としない法人その他の団体」が対象であり、具体的には次の団体が対象となります。

(1)一般社団法人若しくは一般財団法人に関する法律に基づき設立された法人(公益社団法人若しくは公益財団法人を含む)又はこれに準ずる非営利法人((2)に該当するものは除く。)
(2)特定非営利活動法人
(3)法人格を有していない民間団体で一定の要件を満たすもの

助成の対象となる活動

民間団体が行う環境保全に資する活動で、次のいずれかに該当するものです。

イ.国内に主たる事務所を有する民間団体による開発途上地域における環境の保全を図るための活動
ロ.海外に主たる事務所を有する民間団体による開発途上地域における環境の保全を図るための活動
ハ.国内に主たる事務所を有する民間団体による国内における環境の保全を図るための活動
※当基金以外の国又は国の機関から補助・助成等を受ける活動等は除かれます。

募集の種類等

助成金交付要望に当たっては、次の種類に応じて募集を行います。

(1)入門助成
助成期間原則1年間(但し、活動の進捗状況によっては、最大3年間可能)
対象となる活動
環境保全に資する活動
地域に根ざした活動
助成対象団体
助成活動関連分野における活動実績を1年以上有していること
団体設立から10年以下であること
過去に地球環境基金の助成金を受けたことがないこと
年間助成金額50万円~300万円(イ・ロ・ハ案件)

(2)一般助成 
助成期間最大3年間
対象となる活動
環境保全に資する活動
団体にとって、新しい課題、分野、手法に取り組もうとする活動
助成対象団体
助成活動関連分野における活動実績を3年以上有していること
年間助成金額200万円~800万円(イ案件)
200万円~600万円(ロ・ハ案件)

(3)復興支援助成
助成期間最大3年間
対象となる活動東日本大震災被災地域における環境保全を通じた復興に資する活動
助成対象団体
助成活動関連分野における活動実績を1年以上有していること
東日本大震災被災地域に主たる事務所を有する(有していた)こと
年間助成金額100万円~500万円(ハ案件)

(4)特別助成
助成期間原則1年間
対象となる活動国連持続可能な開発のための教育の10年に関連する環境保全活動
「国連ESDの10年」の最終年にあたる2014年に日本において開催される最終年会合の開催に向けて、主要テーマと深い関連を有する活動
助成対象団体
助成活動関連分野における活動実績を3年以上有していること
年間助成金額200万円~600万円(ハ案件)

(5)プラットフォーム助成
助成期間最大3年間
対象となる活動国際会議に関し、様々な主体を横断的につないで連携・協働で取り組む環境保全活動
助成対象団体
事務局となる団体は、主たる事務所を日本国内に有していること
事務局となる団体は助成活動関連分野における活動実績を3年以上有していること
年間助成金額200万円~800万円(イ・ハ案件)

(6)フロントランナー助成
助成期間原則3年間(但し、活動の進捗状況及び第三者評価の結果によっては、最大5年間可能)
対象となる活動日本国内において新たな価値や制度を創造しようとする環境保全活動
助成対象団体
主たる事務所を国内に日本国内に有していること
助成活動関連分野における活動実績を3年以上有していること
常勤職員が2名以上確保されていること
年間助成金額600万円~1,200万円(イ・ハ案件)

審査重点事項など

平成26年度の審査に当たっては、下記(1)~(7)の事項を優先的に配慮して採択案件の選定を行います。

【活動分野の配慮事項】
(1)地球温暖化防止に資する活動
(2)生物多様性の保全に資する活動
(3)循環型社会の形成に資する活動
(4)東日本大震災に関連する環境保全活動への支援
(5)環境教育等の推進活動
【分野横断的な活動に対する配慮事項】
(6)地域における市民、企業、地域社会、行政等の協働(パートナーシップ)に基づく環境保全活動
(7)国際的な環境保全活動

助成の対象となる活動の期間

平成26年4月1日~平成27年3月31日

募集案内の入手方法

環境再生保全機構ホームページ(http://www.erca.go.jp/jfge/)からダウンロードできます。
また、印刷物も作成しますので入手を希望される方は下記までご連絡下さい。

お問い合わせ

独立行政法人環境再生保全機構 地球環境基金部 地球環境基金課

〒212-8554 神奈川県川崎市幸区大宮町1310 ミューザ川崎セントラルタワー8階
TEL:044-520-9505 FAX:044-520-2190

---------------------
以上
hy
[PR]
by support-news | 2013-12-27 09:22 | 助成金情報 | Comments(0)

平成26年1月号
『岩倉市市民活動支援センター情報誌かわらばん』の画像です。
d0262773_135034.jpg

d0262773_13514.jpg

d0262773_135129.jpg

d0262773_135276.jpg

d0262773_135275.jpg

d0262773_135097.jpg

かわらばんは岩倉市内の公共施設などに設置しております。

市役所1階 情報サロン
くすのきの家
みどりの家
さくらの家
希望の家
自然生態園
市民プラザ
図書館
保健センター
南部憩いの家
総合体育文化センター
生涯学習センター
ふれあいセンター
[PR]
by support-news | 2013-12-26 13:07 | 情報紙かわらばん | Comments(0)

岩倉市市民活動支援センター情報誌『かわらばん』平成25年12月1日号
画像はクリックすると大きくなります。
d0262773_9291627.jpg

d0262773_9291797.jpg

d0262773_9293297.jpg

d0262773_9291855.jpg

d0262773_9293331.jpg

d0262773_929191.jpg

d0262773_9291653.jpg

d0262773_9291659.jpg

hy
[PR]
by support-news | 2013-12-18 09:30 | 情報紙かわらばん | Comments(0)

助成プログラム

2014年度「ネオニコチノイド系農薬に関する企画」公募中

一般社団法人アクト・ビヨンド・トラストは2012年度と2013年度に続き、以下の要領で「ネオニコチノイド系農薬に関する企画」を募集します。

一般にはまだあまり知られないまま、お米から果物まで、ときには「減農薬」の切り札として用いられ、シロアリ駆除剤や防虫剤として身近な暮らしにも入り込んでいるネオニコチノイド系化合物(フィプロニルを含む)――。有機リン系農薬の代替物として1990年代に開発されて以来、国内外を問わず使用が急拡大するネオニコチノイド系農薬は、その浸透性・残効性・神経毒性から、ミツバチの大量失踪が示唆するように生態系と生物多様性全体を脅かすばかりか、子どもたちの脳の発達にも悪影響をおよぼす可能性が指摘されています。

欧米では研究や規制が進み始めていますが、日本では野放しに近い状態です。予防原則を踏まえて、ネオニコチノイド系農薬の被害を防ぎ、規制のあり方や一般市民の消費行動を変える働きかけ、ネオニコチノイド系化合物の影響を市民の立場から検証する調査・研究、そしてすでに多くの環境化学物質と放射能に取り巻かれた私たちが、ネオニコチノイド系農薬にどう対処していくべきかを探る公共的な議論喚起など、問題解決に向けた効果的な取り組みを助成します。ふるってご応募ください!

1. 助成プログラム名称
ネオニコチノイド系農薬に関する企画

2. 応募資格
ネオニコチノイド系農薬(フィプロニルを含む)に関する問題提起や、使用の削減ないし中止に取り組む個人および団体(ボランティアグループ、NPO/NGO、公益法人、研究機関、生産者など。地域、法人格、活動実績は不問)

3. 助成金額
総額300万円((助成上限:1案件50万円、複数部門にわたる企画は追加1部門につき25万円加算))
a) 調査・研究部門 (合計 100万円)
b) 広報・社会訴求部門(合計 100万円)
c) 市場“緑化”部門 (合計 50万円)
d) 政策提言部門(合計 50万円)

4. 助成対象期間
2014年 4月1日~2015年 3月31日の間に実施される活動に助成

5. 応募受付期間
2013年12月5日(木)~2014年1月27日(月)消印有効

6. 問い合わせ先
一般社団法人アクト・ビヨンド・トラスト 助成係
電話:070-6551-9266(10:00~19:00)
Email:grant@actbeyondtrust.org
http://www.actbeyondtrust.org

---------------------------------------------
ina
[PR]
by support-news | 2013-12-14 21:10 | 助成金情報 | Comments(0)

平成25年12月号
『岩倉市市民活動支援センター情報誌かわらばん』の画像です。
d0262773_176421.jpg

d0262773_176433.jpg

d0262773_176598.jpg

d0262773_176560.jpg

d0262773_176316.jpg

d0262773_176283.jpg

d0262773_17622.jpg

d0262773_176384.jpg

かわらばんは岩倉市内の公共施設などに設置しております。

市役所1階 情報サロン
くすのきの家
みどりの家
さくらの家
希望の家
自然生態園
市民プラザ
図書館
保健センター
南部憩いの家
総合体育文化センター
生涯学習センター
ふれあいセンター
[PR]
by support-news | 2013-12-01 17:07 | 情報紙かわらばん | Comments(0)