【報告】岩倉市市民活動助成金企画提案発表会

平成26年2月15日土曜日 午後1時から岩倉市民プラザにて、
『岩倉市市民活動助成金企画提案発表会』が行われました。
------------------
 地域が抱える諸課題の解決を図り、市民の福祉向上やまちづくりに貢献するなど、市民活動団体が主体的に取り組むモデル的な事業に対して財政支援を行い、団体活動の活性化や市民活動の拡充を図っていきます。
 応募された事業については、目的、事業内容などを公開の場で発表する「企画提案発表会」を経て、助成する団体と助成金の額を決定します。
------------------
と、岩倉市のホームページで紹介されています。

平成24年度から始まった制度で過去2年間は8団体ずつの応募がありました。

そして今年はほぼ倍の15団体の応募でした。
活動を始めてから3年以内の団体が事業を始めるきっかけとなるように設けられた
『はじめの一歩コース』には2団体が応募。

そして、今後事業をステップアップしていきたいという団体が応募する
『ステップアップコース』には13団体の応募がありました。

審査員には名古屋工業大学コミュニティ創成教育研究センター特任助教 三矢勝司氏を委員長に
こまき市民活動ネットワークの加藤鐘三副代表理事
岩倉市社会福祉協議会の古田幸事務局長
民生委員児童委員の丹羽裕副会長
市職員として企画財政課の森山稔課長の五名で事業を審査します。

団体からのプレゼンテーションが4分、そして審査委員との質疑応答が3分という構成です。

市長のご挨拶
d0262773_1128493.jpg

新たな動きとして、市民活動への期待を述べられました。

プレゼンテーション風景
d0262773_11303039.jpg

d0262773_11301295.jpg

d0262773_11283191.jpg

さまざまな方法で事業への熱い想いを語られていました。

審査委員からも事業に対するアドバイスやどのような想いで進めるかについて質問が出ました。
d0262773_11283082.jpg

d0262773_11283032.jpg


全ての団体の発表を聞きましたが、どの団体の事業も私たちのまちが住みよく楽しく快適な暮らしにつながるといいですね。
hy
[PR]
by support-news | 2014-02-18 15:43 | 今日のプラザ | Comments(0)