人気ブログランキング |

【フォーラム】これからの協働を考えるフォーラム

これからの協働を考えるフォーラム
タイトルのとおりこれからの協働についての講演と分科会でのより掘り下げた内容となっています。
愛知県が主催。
以下ホームページより
http://www.pref.aichi.jp/0000078035.html
-----------------------
少子高齢化、過疎化など様々な地域の課題やニーズに対応していくためには、行政だけでなく、NPOや企業、大学等が果たす役割が重要になっており、こうした多様な主体との一層の連携や協働が求められています。

 そこで、今回、NPOと行政の協働を「あいち協働ルールブック2004(※)」により推進している愛知県では、NPOを含めた企業、大学、地縁組織などの多様な主体との連携・協働により地域の課題の解決に挑む県内外の事例を紹介し、お互いが話し合う場として「これからの協働を考えるフォーラム」を下記のとおり開催します。

 このフォーラムを契機として、多様な主体が連携・協働し合うことで地域の課題の解決に取り組む機運を更に高めていきます。

1 日時
平成27年1月21日(水)午後1時から午後6時まで

         (午後4時30分から午後6時まではブース出展などによる交流会)

2 場所
ウィルあいち 大会議室ほか

 愛知県名古屋市東区上竪杉町1

3 定員
250名

4 参加費
無料

5 フォーラムの概要
(1)事例発表(午後1時~)
「三重県四日市市における行政、NPO、地縁組織による連携・協働」

 ~災害時における男女共同参画の事例を切り口にして~

   コーディネーター 昇 秀樹(のぼるひでき) (名城大学都市情報学部教授)

   コメンテーター  松井真理子(まついまりこ) (四日市大学総合政策学部教授)

(2)分科会(午後2時30分~)
①NPO、地縁組織をどのようにコーディネートしていくのか?

 松井真理子(まついまりこ) (四日市大学総合政策学部教授)

②大学、行政、NPO、企業との連携による人材育成~知多半島の事例から~

 岡本一美(おかもとひとみ) (特定非営利活動法人地域福祉サポートちた代表理事)

③団塊の世代と空き家のセカンドライフデザイン~岡崎市松本町の事例から~

 山田高広(やまだたかひろ) (特定非営利活動法人岡崎まち育てセンター・りた事務局次長)

④地域課題を深掘りし、戦略的に解決に挑む~お金は出して終わりか、もらって終わりか、お金だけに頼らない新しい取組~

 木村真樹(きむらまさき) (公益財団法人あいちコミュニティ財団 代表理事)

※上記①~④に記載した方は、各分科会の企画責任者です。

(3)交流会(午後4時30分~)
NPOのブース出展など、多くの方の出会いの場としての催しを企画しています。
6 主催
愛知県
7 企画
NPOと行政の協働に関する実務者会議(※)
8 申込方法
チラシ裏面の参加申込書に必要事項を記入の上、FAXまたはEメールにてお申込みください。
-----------------------
以上
by support-news | 2014-11-28 14:40 | その他の講座・講習会など | Comments(0)